難聴のレベル軽度から強度に必要な機種

軽度から強度までの難聴に必要な補聴器の値段と機種

難聴のレベルが中度から軽度の貴方に必要な機種は、幾つもあります。
その中でも高い物だと30万円以上のものがあり、購入を考える方は絶対に迷うと思います。

値段と性能は比例しない

私の母の場合ですが、今までに6つもの補聴器を購入しましたが、
安いものだと2万円で、高いものは40万円前後の製品まで幅広く試しました。
そして今現在利用している「みみ太郎」はたったの5万4000円と7万5600円です。

性能の良さでいうと、それまでに購入した高価な補聴器よりも
みみ太郎のSX-013とSX-011-2の方がずっと良くて、
初めて購入したときは母と2人でびっくりしました。

というわけで、母の経験からいうと値段と性能は比例しない場合も
よくあることだと思います。また、値段が高いからといって、
良い製品というわけでもないようです。

ですので、軽度から強度の難聴の貴方には、オーダーメイドの製品は
絶対に必要ありません。

何十万円もする補聴器を購入する前に、強度難聴の母でも利用できた
みみ太郎を試して欲しいと思います。

まずは私の母も利用している「みみ太郎」をオススメします。
とにかく性能が良いのに、値段は高くないのでその自然な聞こえ方を
無料レンタルで、実感して欲しいと思います。

装着した感想も下記の記事でも書きましたので、参考になりましたら幸いです。
>>集音器みみ太郎は性能よくオススメ

下記から直接公式のサイトへいけます。
>>日本製集音器みみ太郎を無料でレンタルする

コメントを残す